お料理のステキ顔もっと引き出ソ♪ カメラ女子写真術

0
    2013.03.06.wed.
    あ ノリックです
    プロフィール用写真
    オフィシャルサイト「祭りと蔵とグルメと散歩」→こちら!

    「お写真講座 グルメ編4」 →
    目次
    お写真講座グルメ編
    お写真講座の目次は→こちらから

    今回のテーマは
    お料理を いつもと違う角度から…
    ヨコのものをタテから見たり 後ろから見たりで。


    お写真講座 グルメ編
    本講座に 使用した写真は 過去の作例となります。
    カーテン越しの 明るい窓からの光を ストロボで再現しています。
    暗くなる手前には 白のケント紙の反射を当て 少し明るくしています。



    お写真講座01

    「まずは お花で ちょっと練習…」 

    いきなり
    アグレッシブな 撮影に入らずに
    全体像を 少し離れて観察する。
    こんな カンジです。

    茎の形状や
    葉のつき方 花ビラの枚数とか…
    一目瞭然です。
    でも 白バックのほうが 良かったかも知れません。

    カメラアングル

    余談に なりますが
    ありきたりの写真のように 見えますが…

    この「角度」で この「向き」で
    季節の花を 花瓶に活ける前に 順に一年 追いかけて撮りためる
    それも アリのような 気がします。
    室内でも 良いのですが たとえば
    屋外の ガーデンの 雨ざらしの朽ちかけた板の上でも 良いでしょう。

    さて
    これを 方向を変えて 眺めます…
    人によっては まちまちで
    「誰に伝えるか」によっても とらえ方は 変わるでしょう。

    また
    場合によっては 「花」としてではなく
    ただの 「色のかたまり」として
    表現される方がいても おかしくはありません。


    お写真講座02

    「では 違った角度から… 」 

    葉の付き方や 茎の形状は 分からなくなりましたが
    あきらかに 性質の違う 写真になりました。

    でも 背景色にもっと試行錯誤しても 良かった気がします。

    カメラアングル

    花びらが誇張され  やや後方がボカされて 
    なにかの意図や 目的のようなものが
    画面から 感じられるようになりました。

    違い a)→
    図鑑タイプの写真から 雑誌系の表現に近づきました。

    違い b)→
    葉の付き方がなどが分からなくなり
    栽培を学ぶための 解説書には 不適切になりました。

    ということは 撮る前に
    自分の考えを ハッキリさせたほうが
    良いのかも知れません。

    とはいえ ワタシは 面倒くさいので
    なにも考えずに カメラを持って 街に出ます。

    でも 後から後悔しないように
    まずは「安全パイ」を…
    それから 意欲的なものにも トライしておきます。
     

    お写真講座03

    「では さっそく お料理で…」

    カメラアングル

    まずは 普通に。こんな カンジです。
    できれば 左右切らずに おさめたものが あっても良いでしょう。


    お写真講座04

    「ヨコのものを タテの方向から…」

    カメラアングル

    さきの 写真の
    「花」が「ゆで卵」に 変わっただけのことです。

    結果 a) 
    レシピの解説には 不適切ですが
    イメージシーン用としては 適したのではないでしょうか。

    結果 b)
    背景の明るさと
    後方からの光によって 朝食の雰囲気が出たようです。

    これを
    キッチンのトップのライトを利用して セピア系の背景と組み変えると
    ディナーのイメージが 醸されるかも知れません。

    結果 c) 
    カットした手前のタマゴを もう少し薄くスライスすれば
    もしかしたら 後方からの光によって 透明感がでたかも知れません。

    結果 d) 
    テーブル板まで カメラアイを下げて とらえたなら
    ソルトの瓶とか ジャムが塗られたトーストとかも 写り込み
    臨場感は 高められるかも知れません。

    (終)


    あ ノリックです
    にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
    にほんブログ村 ポチッ♪とな

    JUGEMテーマ:川越の歳時記

    コメント
    おお〜、こういう風に
    撮るとまた違って見えるんですね
    勉強になります(^^)
    >とあさん
    訪問ありがとう。

    つたない 講座ですが
    なにか お役にたてたのかなぁ〜。

    ところで そちらの
    「とんかつ司」の記事 迫力ありましたねェ〜。
    ご飯茶碗と比べても 倍以上の大きさがあるじゃないですか。

    ワタシも いつか
    家族で 必ず トライするつもりです。
    シントコなら へっちゃらで行けますネ。
    ノリック先生の解説は難しい用語が出てこないので
    とても分かりやすいです。

    黄色に少しのグリーンを入れられたところも
    とても勉強になりました。

    それにしてもきれいな黄身ですね。
    私の茹で玉子はいつもこんな風に真ん中に
    黄身が来ません。

    お料理も教えて下さい(笑)
    >葉月さん
    訪問ありがとう。

    いえいえ こちらこそ 勉強させていただいております。
    人生の機微 ウィットにとんだ会話…
    すべてが ワタシの先生ですナ♪

    それにしても 偶然とはいえ
    レモンの構図 ゆで卵の構図
    そして シチュエーションまで
    ぴったり リンクしてしまいましたネ。
    ビックリです。では。
    私って本当何も考えてないな~(-_-;)
    って分かりました。

    みなさん、上手なのはたくさんの
    事をきちんと考えて撮ってたんだなぁーってヽ(゚Д゚)ノ

    ゆでたまご美味しそう。
    本当きれい!
    • *あみぃ
    • 2013/03/09 7:57 AM
    >*あみぃさん
    訪問ありがとう。

    ワタシは
    写真は 何も考えずに
    撮ることも 大切と考える 人間のひとりです。

    そのような 写真にかぎり
    人の こころを打つような シーンを
    見事に とらえていたりします。

    でも
    意図的に コンスタントに
    ジブンの 願う表現で
    写真を とらえるとなると
    工夫が 必要になってしまいますネ。

    でも
    やっぱり ワタシは
    カメラに お金をかけずに
    撮りたいと思うときに ポケットから
    カメラを とりだし パチッとする
    そんな スタイルが 大好きです。
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    かなりピンボケ

    お料理写真をおとなキレイに写せたら♪ みるみる分かるカンタン写真術!

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    Profile

    Selected entries

    Categories

    Archives

    Recent comment

    • 七味に首ったけ「豚肉汁の独り言♪」グルメ写真塾。
      ノリック (05/09)
    • 七味に首ったけ「豚肉汁の独り言♪」グルメ写真塾。
      marie (05/09)
    • 炙ってヨ「たたきが淋しいってさ♪」お写真講座。
      ノリック (05/08)
    • 炙ってヨ「たたきが淋しいってさ♪」お写真講座。
      Mog (05/08)
    • 炙ってヨ「たたきが淋しいってさ♪」お写真講座。
      ノリック (05/06)
    • 炙ってヨ「たたきが淋しいってさ♪」お写真講座。
      やちゃmaru (05/06)
    • 炙ってヨ「たたきが淋しいってさ♪」お写真講座。
      ノリック (05/03)
    • 炙ってヨ「たたきが淋しいってさ♪」お写真講座。
      ノリック (05/03)
    • 炙ってヨ「たたきが淋しいってさ♪」お写真講座。
      marie (05/03)
    • 炙ってヨ「たたきが淋しいってさ♪」お写真講座。
      misya (05/02)

    Recommend

    Links

    Feedjit

    mobile

    qrcode

    Search

    Others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM